スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
ひどいことをしないでください


このニュースを知ってる方もいらっしゃると思いますが


某ブログサイトで「猫をゴミ箱にすてた女」のニュースを書いていた方の記事を読んで私もルッチーもびっくりしてしまいました





わんだふるにゃんのブログ border=





わんだふるにゃんのブログ border=



この後


この画面の人は仔猫を抱き上げてゴミ箱に捨てたんです
わんだふるにゃんのブログ-ニュース3






猫ちゃんは事件の翌朝に


声を聞きつけた飼い主に無事救出されたようです



どんなに怖かったことでしょう


どんなに飼い主さんも心配したことでしょう



弱いものへの虐待はほんとうに許せません



動物の虐待が無くなるよう、祈るばかりです




イギリスの新聞、Daily Mailのオンライン版に詳細が出ているそうです




スポンサーサイト
09/30 13:55 | ルッツィー | CM:8 | TB:0
どうしたらこんなに酷いことを思い付くんでしょうね。
動物への虐待のニュースがあるたびに思います。
口もきけず抵抗も出来ない弱いものになんでそんなことをするきになるのか私には理解が出来ません。腹立たしい!

飼い主さんとねこちゃんがこのあと幸せに暮らしていけることだけを願います。
私もニュースで見て、びっくりしたよΣ(・ω・ノ)ノ!
欧米は弱い者に優しい国だと思っていたので、
かなりショックだったー。(´д`lll) ・・

ルッチーも興味津津でパソコン覗いてる姿かわいいね♪
>たまリンさん
この人さりげなくひどいことをしているので
余計に恐ろしいです。
無抵抗の動物への虐待は許せないですよね。

この後、猫ちゃんは何事もなかったように暮らしているようですよ。
「ちゃこ」の前にウチにいたニャンは一週間帰ってこない事がありました。
帰って来たときは明らかに大怪我を負っていたんです。
すぐに病院に連れていき、回復したのですが、それ以来、年配の男の人が近づくと震えていました。
きっと、事故ではなく、人為的だったんじゃないかと。。。

一週間も動けず、やっと帰ってきたのかと思うと、今でも心が痛みます。
あり得ないです!なんでこんな事が出来るんでしょう(涙)
姿や形が違っても同じ命なのに…飼い主さん、さぞ心配だったでしょうね…救出されて本当に良かったです↓こんなニュースを聞かなくて良い日々が来ると良いですね↓
>そらまめさん

そらまめさん欧米に長く住んでいただけに、
いっそうショックだと思います。。。
でも猫ちゃんが無事で本当によかったよね!!

ルッチーもなぜだかこの時は興味深々に見ていました@@;
>さっちぃ☆さん
そんな悲しいことがあったのですね。。
そんな大怪我をして…
それでもさっちぃさんの元に帰ってきた猫ちゃんの気持ちを思うと胸が痛いです。
本当に信頼関係ができていたんですね。
>アウさん

ほんとどうゆう神経してるんでしょうか。
こう言う話を聞かないでいい日が一日でも早く、くるといいですね!
弱いものいじめがなくなってほしいです。
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://nayannkotannsennsei.blog136.fc2.com/tb.php/20-40354aa6
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 わんだふるにゃん All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。